沖縄料理 海

桃原三線教室
 (琉球音楽についての簡単なご説明)


❖琉球音楽の歴史

琉球音楽の歴史
 日本本土とも東南アジアとも違う独特の空気感のある琉球音楽は、12~15世紀頃に行われていた神遊び(=神に歌を捧げる儀式)が起源とされ、大きく分けて2種類あると言われています。 ひとつは、琉球王朝時代、首里城の中で奏でられていた「琉球古典音楽」。“琉楽=りゅうがく”とも呼ばれ、琉球音楽に欠かせない三線(さんしん)、琴、笛、太鼓、胡弓によって演奏されるもので、王族など限られた人たちのための音楽でした。 もうひとつは、一般の民衆たちが楽しんだ「沖縄民謡」。三線を弾きながら口ずさむ島唄で、民衆たちの日常の暮らしの中に溶け込んでいった大衆音楽です。 また石垣島や宮古島は、「沖縄」としてひとくくりにされてしまうことが多いのですが、民謡の世界では、沖縄民謡、宮古民謡、八重山民謡は別のジャンルとして扱われています。背景にある各島の歴史や文化、方言の違いがわかると、民謡の世界もぐっと広がっていきますよ。

❖琉球音楽に欠かせない三線(さんしん)

琉球音楽に欠かせない三線

 琉球音楽に欠かせない楽器といえば、もちろん、“三線”。三味線のルーツとも言われている楽器です。そんな三線は、中国福建省で生まれた弦楽器「三弦」を原型とするもので、14~15世紀ごろ琉球王国に伝わり、独自に進化を遂げました。 以来三線は、沖縄では、床の間に飾ったり、家族団らんの場で奏でたり、また、両手を左右に振り足を踏み鳴らすカチャーシーを踊る際、指笛とともに場を盛り上げるアイテムとしても欠かせない楽器となっています。 70年前、沖縄が大ダメージを受けた太平洋戦争後にも、人々は物不足の中で、空きかんとパラシュートのヒモで「カンカラ三線」を作り、沖縄民謡を奏で、心を癒したんだそう。沖縄の人たちにとって、三線の音色は心のよりどころでもあります。

❖沖縄民謡は琉歌を歌う (琉歌と和歌の違い)

沖縄民謡は琉歌を歌う

 沖縄には、上代から日本で歌われてきた和歌に対し、「琉歌」と呼ばれる琉球文学の中でも貴重な歌謡が伝承されています。その名前の由来は、1609年薩摩侵入後、大和文芸である和歌が受容されるにつれて、それと区別する為に琉球の歌「琉歌」と称したものと思われます。琉歌が和歌と大きく違うところは文字文化としてではなく、人々が日常生活の中で起こった様々な出来事を、心の思うがままに自分の心情を即興で歌にし、三線音楽や踊りと共に現代まで歌い継がれてきたことにあると言われています。 和歌が五・七・五・七・七の31字で構成されているのと違って、琉歌は8音を基調に八・八・八・六の三十文字を基本に出来ていて、内容も多種多様な琉球固有の文化を反映した人情味あふれた歌がたくさん歌い継がれて来ました。琉歌の発生・成立についてはまだ定説がなく「和歌や小唄など本土の文学的影響を受けた」という外来伝播説と「奄美・沖縄諸島に伝わる古謡おもろが総体として八音や六音好む傾向をみせ八・八・八・六の歌形が存在することから沖縄の文学の自立的な発展」から来ていると言う内在発生説とがありますが、まだ明らかにされていません。 又、琉球の諸島に古くからあった歌謡に源流をみる説や三線が琉歌の成立を外的に促進したとする説等もあり、沖縄の歌は、弾きながら歌うのが普通とされているので、三線が琉歌の流布・発展になくてはならないものであったことは否定できません。



三線教室のご案内


教師のご紹介: 桃原 卓志  琉球民謡登川流研究保存会 最高賞受賞
レッスン時間: 15時 ~ 21時の間でご都合に合わせてご相談下さい。
休 講 日 : 毎週火曜日
レッスン料 : 月2回(1回 90分)6,000円 ※基本個人レッスンとなりますが、グループでご希望の場合はご相談下さい。
出張レッスン: 1回 2,000円(姫路市、高砂市、加古川市) ※個人、グループに関わらず、詳しくはお問い合わせ下さい。
      : レンタルルームなどの借室を利用する場合は、別途借室料金が必要となります。
体験レッスン: 随時受付中(三線はお貸し出来ます。) まずはお気軽にお申込み下さい。
そ の 他 : BEGIN等の沖縄ポップスもレッスンしております。

連 絡 先 : 電話番号 (079)247-7172
      : 携帯番号  090-3072-9422


教室の風景


演奏中

頑張って演奏中です!


工工四

三線の譜面は五線譜ではないので、初めての方でも安心して始めることが出来ます。

イベント

イベントにて、日頃の練習の成果を是非見てね!